読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある2次オタの脳内。

るーみっく、氷室作品、暗殺教室などについて。他にも色々書きます。とっ散らかってるので注意。

はいからさんが通る♪

はーいはーいはーい♪はいからさんがとーおるっ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい!ということでっ!今回のテーマははいからさんについてです!(無理矢理)

大和和紀作品も、周りの子と漫画の年代が合わないランキングでなかなかの上位に食い込んでくるので、ぜーんぜん同級生と話が合わないんですよね泣
だって漫画が描かれたの昭和だしなー…
なんて、諦めることも多い私ですが。
はいからさんはちょっと…よくは知らないっていってもあまりにも有名ですよね~
大正時代を舞台にした作品はたくさんあるけど、その先頭をきってるというか。
ねえ…
なんでリメイク映画化……???(不満)
(⬆これについては後日の記事で)
さっき周りと話が合わないという話をしてたのに、もうファンを減らすような言葉をばらまいちまってる私、立派なクズ。

はい、周りに当たり散らすのはこのくらいにして、このブログ始めた理由を深呼吸しながら思い出して鎮まることにしますw


私は、なんといっても紅緒さんが大好きです!(*^-^*)
見た目も(黙っていれば)とっても愛らしくて、表情がユニークで豊か!なんて男性から評されることも結構あるんですよね😺

紅緒さんにはもちろん、できないこと多いんですよ~
家事ダメだし、酒乱だし、男勝りだしね。
でもこれって、全部人間性とか性格に直接つながっていることではないなって、ちょっと思ったんですよね。
例えば、できたらよりいいよ?結婚とかしやすいけど、家事はしなくてもどうにか生きていけるじゃないですか。周りの助けを借りたりして。
でも人間性が欠如してたらどうしても社会のなかで生き抜けないと思うんです。
それなのに、あんな個性的な人たちが周りにいるなかでいつの間にか輪の中心にいて、それどころか複数の男性から好意を寄せられちゃう!というのは、やっぱり紅緒さん、性格いいんだなって。

あと、私の中にも紅緒さんみたいな女の子に憧れてる部分があって。
私は紅緒さんみたいに思いっきり怒られるようなことはしでかせず、周囲の様子を窺ってしまうクズなチキンなので、自分のやりたいことを潔くやってあとで大人に堂々と叱られるような、ただのやんちゃじゃない、度胸のある子には憧れるんですよね!!!!
かっこいい!みたいな笑

だからもちろん、自分とはタイプが違うので自身の経験から共感することはできないけども、どこかに紅緒さんみたいに行動したいという憧れの気持ちも
あって、それが「うんうん!わかる!そうだよね!そうするしかないよね」とか、「うわあ…紅緒さんやることなすこと健気すぎるよ(TT)大好き」という私の感じ方に関係があるのかな…と。
ちょっとよくわかんなくなっちゃったんですけど笑
、とにかく私はいつでも紅緒さんが大好きで、いつでも味方ってことです!!!

はい、そんな愛しの紅緒さん笑、髪をバッサリ切って社会に出て、少尉の面影を追い求めながら必死に仕事をして生きていく中の「モダンガール」っぽい装いも大好きなんですが、やっぱり女学生の時の服装めっちゃ好き!って方も少なくはないのではないでしょうか?(^^)
かっわいいですよね~~~~!!!!!!!!!!
はいからさんと要ったらこれ!みたいな。
大人と子供とでは漫画を読んだときの感じ方は大きく違うと思うんですけど、やっぱりこの服装を可愛いと言うことだけは全世代、全国どころか全世界共通の感覚なのではないかと。笑
私初見の時から紅緒さんの可愛さに魅せられましたもん!!!!
袴に、編み上げブーツ、そこにゆらゆらと揺れるちょっと大きめのリボン。この組み合わせを考えた人は一体どこの誰なんでしょう。
感謝状贈りたいですなあ~~~~~~💐
あー可愛い。


そしてこれは個人の意見なんですけど、
明治➡欧米文化結構伝来したて。
   外国の文化に完全に染まる人と純日本を
   貫く人が極端に二分化されていて、まだ幕府
   感あり。(勝手なイメージ。)

昭和➡日常生活に欧米文化や習慣が定着しつつある
   。日本人が外国人の美しさに憧れを抱くよう
   になる。

上2つの時代は、何となく極端?というか、馴染みすぎちゃってるのと、ぱっくり分かれちゃってるの。
と言う感じなんですが、それに反して!!
その間に位置する大正時代って短かったけどその分独特で濃くて、うまーく、現代人が好むようなテイストでいい感じに日本文化と欧米文化が混ざっていた時代なのではないかと思うんですよね~(^^)
だから袴×リボンという神級に可愛い伝説の(くどい)組み合わせが生み出されたんじゃないかと。
自分なんかほんと生意気なんですけど~~(永野風)
こんな風に考えてみました!(*^-^*)

(なんか「神級に可愛い」って頭弱そうですね笑)


そしてですね!!
大和和紀先生の描く漫画の中で、私がいっちばん好きな表情があります。
それは・・・・・・・・・・

f:id:cutekayo:20170319093441j:plain


泣き顔です!!!!!!


大和先生の漫画に幾度となく存在する切ないシーン。そのシーンでは、大抵誰かが泣き顔を見せています。
泣き顔にもね、色々種類があるじゃないですか。
思いっきりしゃくりあげてるのもあるし、綺麗に涙だけ流すものもあります。
でも大和先生の描かれる泣き顔はまた、私の好みにドンピシャなんですよね~~~(知らん)

登場人物が本心とは違う言葉を一生懸命絞り出してて、本当は思ってもいない行動をとってしまっていて。それでも相手を想う気持ちは捨てられないから、それを「押し殺している」心情がよく表情に現れている顔じゃないかな~、と思います。
切なさと哀しさと相手への愛しさの共存。といったところでしょうか。(篠原涼子さんじゃないですよ。笑)
そしてさっきの画像、原作第6巻で、事情を説明しようと吉次さんのもとを訪れた紅緒さんが、帰りに伊集院家に寄り、仲睦まじいラリサさんと少尉を目にしてしまったシーンです。
2次元の可愛い女の子(とりわけ紅緒さん)が大好きな私は、「昔は仲の良いカップルだった二人が、何らかの事情(大抵男の方の仕方のない事情)で別れを余儀なくされ、何年後かに再会して、でも男の方には別の愛すべき女がいて、仲良くしている二人を目にした元カノの方が切なさを胸に一人で泣く美少女。そして身を引く。「私だって、まだ好きだけど。大好きだけど。私さえいなくなれば、みんな幸せになるんだ。」 でも人前では健気に元気に振る舞う。そんな元カノを見た男の方が未練を感じる。まだ本心では愛しているとも!」みたいなシチュエーション大好きなんです。(語り口の気持ち悪さと意味不明さに対しての苦情は一切受け付けてないよ★☆)
シチュエーションもそうだし、その渦中にいて様々な問題に揺れる女の子も好き。
それでそういう女の子って別の男性に言い寄られたりしちゃうんですよね!!!!!!イケメンに!!
つーか、⬆ほぼはいからさんでしかないですね笑
具体性ありすぎ、妄想しすぎ、自分。
モウソウ、ヤリスギ、ダメ、ゼッタイ。フコウニナル。

周りのことしか考えてなくて、自分を責めちゃう切なくて健気な紅緒さん、やっぱり大好きです😺

あとね、最後に言いたいのは、はいからさん以外の明治・大正時代の漫画はどうしても好きになれない!ってことなんですよね、はいからさんが素晴らしすぎて。確かに現代にはたくさんある時代物の漫画、絵はキラキラしてて可愛いんですが、やっぱり比べてしまうんですね。
「え、なんか中身薄くないですか」「紅緒さんだったらこうするのに」みたいな不満ばっかり出てきてしまうので、出来るだけ読まないようにしてます。
好きではない作品が増えるというのはあまり良い気持ちのするものでもないですしね😞


なんか…はいからさんの魅力が一ミリも伝わらず、私の紅緒さんへの愛ばっか喋りまくってしまったみたいですね…すみません!!!!!!!!!

はいからさんについても、他の作品同様、まだまだ語りたいことたくさんあるんです!喋り足りない!!!
ただ、私アホの子なので、すーぐなにを話したかったのか忘れちゃうんです(@_@)笑
今度はいからさんについての記事を更新するときまで、出来る限り覚えておくようにします!
頑張ります!🍜
はいからさん好きな方、そして今日ここで初めて作品の存在を知った方も、(この記事が初めてとなるのならとても光栄です(*^-^*)是非読んでみてください!)この超個人的解釈&戯れ言にまみれたこのブログをここまで呼んで頂きありがとうございました!😺

これからもマイペースに語りまくるので、もし付き合ってくださる方がいたら、とても嬉しいです♪

私あるある

皆さんも持っているでしょうか、自分の中のあるある☺
私の友達に「お父さんとカラオケに行くと必ずその夜の夢は戦争になるんだよ、なんか校庭でチェスの駒みたいなので戦ってたんだよ」というなかなかトリッキーなのをぶっこんできてくれた子がいるんですが笑

ハリーポッターか。

さてさて、今日お話ししたいのはですね~
私、アニソンでいいなって思った曲とか、たまにシングルを買うことがあるんですよね。
で、シングルって大抵メインの曲の他に1~2曲別の曲が入ってるじゃないですか。

その別の曲が、知らずに買ったのにむしろ目当ての曲より好きになっちゃうかも??っていう事がよくある、ってことなんです🐱

case①
私、ハルチカを観ていてオープニングを聞いたときに、「なんて綺麗で可愛い歌声!なんて素敵な曲!」と思ったことをきっかけにfhanaが好きになったんですけど、(ファンの方すいません…「fhana 」のaの上の点をつけることが出来ませんでした…)それからたまたま店でシングル「虹を編めたら」を見つけて衝動的に購入したんですよね。
ひー恐ろしい、自分の財布のひもの緩さ。
(ほんとはひものある立派なお財布なんて使ってませんごめんなさい嘘つきましたちゃんとチャックです)

それで家に帰って、虹を編めたらをワクワクしながら聴くじゃないですか。🌈⬅安直笑

もうイントロから最高で、うんうん、いい感じに青春と吹奏楽、ミステリーと闇のハルチカ要素も盛り込まれてんなあー、さすがだなあ、大好きだなあこの楽曲、ってノリノリで聴いたあと、なんか別の曲が入ってるのを見つける私。
ん???なんだこの曲?「Appl(E)ication」?
なんて読むんだ?かっこ大文字Eってなんなんだよ、なんて思って、歌詞を読んでもなんか暗そう、哲学っぽい?みたいに感じて、好きじゃないかもとすら最初は思ったんですよね。

ところがどっこい、こいつが違ったんだよ!!!(なんだこのノリ)
聴いてみたら私の好みドンピシャで!!
私って、もうまさに青春!爽やか!ちょっと涙する!みたいなジャンルの曲も大好きなんですけど、
(ChouChoさんの夏ソングみたいなやつ)
スクフェスで言ったらピュアとクールの共存みたいな感じのも超好みで。
一見メンデルセン(メルヘンとアンデルセン童話を融合した造語。なんかメルヘン~可愛い~好き~みたいなノリで使う。私が作った。つっこまないで笑)な感じで始まるのに、歌詞が凄い!!!!!!なに?引力?月と太陽?好き!!(単純)みたいな笑
私みたいな2次オタサブカル女子は天文系用語に弱いんだよ~~~~(知らん)

うるさいですね笑
ほんとにうまく言えないんですけど、ビビビっとしびれたんです、思いがけない場所で見つけた思いがけないタイプの楽曲に🎧

ちょっともうお腹一杯ですか?笑
もうちょいついてきてください!!!!!!🏄

case②
あとは、赤髪の白雪姫を観ていて、初めて「絆にのせて」を聴いたとき。eyelisのボーカル、川崎さんの声優さんかと見まごう(聴きまごう?)ほどの可愛らしい歌声にやられました!!!!!!!
それでeyelisも好きになって、絆にのせてがいつでも聴きたいなーと思い立って、それもシングルを購入したんですよ。
そして、これも買ったあとに、「銀世界」が収録されていることに気づきました。つーか自分、買うときに内容見なさすぎ。将来が心配ですね。

銀世界はまあ~~まあまあ、ドストライクで以前から大好きだった曲なんです。
静かな感じでキラキラと始まるのに、サビは爽やか
、前向き、そして川崎さんの歌声!はい最強!!!
みたいな笑

そんな曲が収録されてるなんて、シングル「絆にのせて」は最高でした。


以上、私あるあるでした🐤
今回この記事を書いてみて思ったのは、この機会に自分の考えを整理してみて、シングルのメイン以外の曲にはやっぱり隠れた名曲が多いんだな、って再確認できたことと(なんかニュアンス的にはレコードのB面みたいな感じでしょうか…)、商品を買うときにちゃんと収録内容見ろ、自分。ってことですね笑

これからは目を前にくっつけて立体的な視界で生きていきます(敬礼)

犬夜叉2

またまた犬夜叉です!

突然ですが、犬夜叉の醍醐味のひとつですよね、犬夜叉、桔梗、かごめの三角関係を楽しむのって笑
なんかたまにネット上でも、「桔梗とかごめ、どっちが犬夜叉にふさわしいのでしょうか?」とか、「かごめがどうしても好きになれません!」とか言う声を聞きますが、超難しい問題だと思います。
物語の中の人物の解釈なんてものはこの世のどこにも正解がないですしね~、、、

正直言って、私にも少し前まで桔梗というキャラクターが好きになれない部分がありました。
「桔梗ってさも自分と犬夜叉だけの過去にかごめが無神経に割り込んできたみたいな言い方するけど、1話の時点でもうそれは過去の事になってるし、物語はどちらかというとかごめ目線で進んでくわけだからむしろ割り込んできたのそちらさまじゃない!?そりゃ無理に生き返らされたのは可哀想だと思うけどさ!」なんて思って笑
超ムキになってるところが幼いですね~、自分💫

あと、桔梗のなんだろう…気高さというか、ツンとした感じ(今考えたら「桔梗はこういうキャラクター」で確立されてるのでそういう性格じゃないとダメなんですけど)がどうしても好きになれなくて、妙に自分に自信持ってるように見えるところも、前は嫌いでしょうがなかった覚えがあります。

「この私がやられるとは…」みたいなセリフとか。


でもちょっと大人になってから、色々なキャラクターをより深く知ろう、わかろうと思うようになって。
私にとって、今まで桔梗は「敵!」って構えてしまうような存在だったんですけど、桔梗の思いの裏側とか、心の内を考えるようになってから、私の中の解釈もだんだんと広がっていきました。
そしていつしか、
「そりゃ、そうなるよな…私でもそう思うもん」
なんて桔梗の思いに共感するようなことも増えて、気がついたら犬夜叉の中に好きじゃないキャラクターなんていなくなっていたんですよね、自分でも不思議ですけど。
なんだろう…悟ったのかな?笑

まあ無理に好きになろうとしなくても、犬夜叉にはそれくらい魅力的なキャラクターが多いってことかな??❤❤(⬅都合いい)


そんなこんなで、いろいろな人物の人間性とか(人間じゃないやつも多数いますけど笑)心情とか、ある程度飲み込めるようになってから、犬夜叉の世界全てをひっくるめて「好き!」って言うようになった感があるんですよね😺
もちろん、犬夜叉の全てを理解する!なんてそんな御大層なこと言えないし、留美子先生のすばらしい
創作活動の裏にどんな思いがあったのかなんて、一億年研究しても、考え続けても、私に飲み込める内容じゃないです!
脳みそのキャパオーバーです😵

でも、そんな殿堂入りしちゃうくらい好きな作品と
作者様を、これからも追い続けていきたいなって思いました😉

あと、またまたこれもBSで放送されていた犬夜叉トーク番組でお三方がお話しされてますけど、
犬夜叉一の悲恋というのは、ひょっとしたら北条くんなのかもしれません……!!!!🏄

可哀想すぎる!!!!!!!!!

なにが可哀想って、ずっと学校来てなかったかごめに緊急で勉強教えられるくらい頭良くて、運動もできて(できるはず。私の中の北条くんは少なくとも運動音痴ではないです笑)、性格もめちゃめちゃ良い爽やかイケメンなのに、誰にも真剣に想いを聞いてもらえないところ💂

かごめ本人どころか、友達にも相談してるシーンがないんですよね~~~~~
まあここの片想いがクローズアップされることはなかったので、当然と言えば当然なんですが…
不発に終わってしまったのはともかく、誰かにちゃんと打ち明けてたのかが心配です😭
絵里ちゃん由加ちゃんあゆみちゃんはかごめの味方な上に恋愛を面白がってる節があるので相談者という感じじゃないし…
どうか修学旅行の夜、(注※かごめは休みです)みんなが自由参加の足湯に行っちゃったときに部屋で二人になって、やっと打ち明けられる親友とも言える男友達を贈ってあげたいです。というか私がなる(無理)

あと北条くん男子校行くようなタイプじゃないように私には見えるんだけど、大丈夫だったかな!?
間違いなくいちいち下ネタでバカ騒ぎするような雰囲気纏ってないよ~~
男子校では学ランの袖を思いっきり引っ張ってベストにするっていうおかしな遊びが流行るらしい
(byオードリー)
からボタンが無くなるどころか北条くんの制服がベストになってないかどうかも心配😱

最後はちょっとかわいい後輩ちゃんと映画見に行ってたから吹っ切れて新しい子を探す気持ちになったんだと思うけどさ…
後輩ちゃんの性格が良いことを祈ります🙏🙏🙏

なんか北条くんに思い入れ強いのかな?私笑

でも密かな推しキャラなのは確かなんで、これからもひっそりと応援し続けます😘

つーかタイトル!!
関係なくなっちゃったよ!!!(ハライチ風) 
以上です笑

うまくいかない…

皆さんは、お母さまだったり奥さまだったり、身の回りの女性が年をとるにつれてヒステリックになってきたな~、なんて感じることはありませんか?

更年期というやつなのかもしれないのですけど…

うちのお母さん、最近すぐ叫ぶんです😭

これは先日あったことなのですけど、周りに相談する人もいないし、ちょーっとこのままじゃ私の気持ちが収まらないので、あった出来事と私の考えだけぶちまけさせてください…

数日前の夜、少しコンセントから離れたところからコードを伸ばしてラジカセで音楽を聴いていたんです。
それからいったん電源を切って、しばらくしてまた聴こうと思って手を伸ばそうとしたら母がスーっと壁際にラジカセを寄せたんです。
あまりにぴったりのタイミングだったので、「な~ん~で~寄せるの」と、ちょっとぐずるような言い方で文句を言ったんです。
そうしたら急に母が「人が通るから危ないでしょっ!!!!!!!!!」
と大きな声を出したんです。
ビックリしちゃって。そんなに怒られるべきことでもないと思ったので。
それから「なんでそんなに大声だすの、最近お母さんすぐ叫ぶんだもん」と言い返したら、「ごめんね!!!すぐ叫んで!!!!」とまた怒鳴られました。

うちの母は、家族の誰かと喧嘩したり言い合いになったりしたあとは徹底的に相手の事をシカトして挨拶すらしなくなる、というところがあるので、その後から今まで一言も喋っていないんですが。
なんか、喧嘩みたいになってしまいました。。。

私それからずーっと考えてたんですけど、

母がラジカセを壁に寄せたことに関しては、全面的に母の行動が正しかったと思うんです。
実際、コードに引っ掛かって誰かが転んだら危ないし、私の注意能力が欠けていたな、私が悪かったな、ってあとで思ったんですけど、
私ももう叱りつけないと言うことを聞かないような年齢ではないし、怒鳴られたのは何でなんだろうと、疑問なんですよね…


私自身も文句を言うときに怒鳴ったのなら話は変わってきますが、先程も書いたようにどちらかというとぐずるような言い方で、若干ふざけていた含みもあった(というかそういうつもり)だったんです。
それが逆に気に障ったのかな…謎ですが 

でもちょっと、いきなり怒鳴られたんじゃ、子供としてどうしていいかわからなかったです。


もういっそのこと、病院で見てもらって「これは更年期障害です」って断言してもらえたら対処のしようがあるし、「だからなのね」って納得することも出来るんですけど、まさか「病院いく?」なんて私から言えないし。 精神的な問題なので、難しいですね。

こういうことがあったので、最近、ものを伝えるときの言い方や言葉選び、態度で事態はいい方向にも悪い方向にも転じるんだなあ、ということを改めて感じるようになりました。

私の年頃って言うのもありますし、私がまだまだ未熟で周りをしっかり見ることができていない、ということも原因のひとつでもあると思います。
親子関係、少しずつでもいい方向に持っていけたらいいなー、なんて感じている今日この頃です😃

思わず奇声を発しそうになったこと。

ごめんなさい、短期間におかしな文章乱発して笑

でもつい最近、ちょっと気になったことがあったんです。

私、この間授業中に、大人しく友達と問題解いてたんですよね。
数学が致命的にできないもんで、「なんで点P動くかな!?じっとしててよ!」なんて理不尽な不満を叫びながら格闘してたんですよ。
あ、もうこの時点で「大人しく解いてた」とかちょっと優等生ぶった事がバレましたね。笑 

その時、隣の席の男子が後ろの席の子にちょっかい出されてたらしくて、文句を言ったんですよ。


「やめろっちゅーに!」って。

     ・・・・・・・・・・・・・

るーみっくファン、さらにうる星やつら好きの皆さん、どう思います!? リアルにあたる口調じゃないですか!?
まあもちろん周りの男子にはおかしく聞こえたみたいで、「やめろっちゅーに~~」「やめろっちゅーに~~」って死ぬほどからかわれてましたけど。

タイトルの通り、私思わず奇声を上げそうになったんですけどそれはさすがにできなかったので…(当たり前)
自分の問題用紙に「めっちゃあたるなんですけど!!!」
って書き殴ってやりました!!!⬅なぜか偉そう!笑


いやー、感動でしたね~。
しかも言った本人はね、たぶんるーみっく好きでもないしあたるみたいな女好きでもない、むしろクラスのアイドル的な存在の子なんですよ。
まあちょっと周囲とズレてるところもあるので、こんな独自のしゃべり方が形成されちゃったのかもしれませんが、、

最初の記事にも書いたように、私の趣味って周りと年代が合ってないので、普段、日常生活のなかにうる星やつらを感じることなんて1ミリもなかったわけですよ!
なのに、その中でむしろ一番縁遠そうな男子の口からそんな言葉が聞けるなんて!そんな子がいたなんて!笑


そこに感動した、という話でした😁

うる星やつらの最終回、漫画で読みたい…

なんて素敵にジャパネスク

タイトルを見て「おおっ!?」って思ってくださった方!
遂に氷室作品を語るときがやって来ました!!(誰だよ)
なんてちょっと大袈裟かもしれないんですけど…

ジャパネスクについての記事を書くのは私がずーっと心に秘めてた夢だったので、やっと叶って本当に嬉しいです!

ちなみにジャパネスクのみならず氷室先生の作品は同年代と話が噛み合わないランキング堂々の1位なので、、、(おっかしいな~~~、これでもかっていうくらい珠玉の名作、これを10代のうちに読まないと大人になれないよ!っていう作品揃いのはずなんですけど💦)
この場だけでも!っていう思いで書かせてもらいますね🐱




実はですね、本当にこの広い世界の中で氷室冴子先生の出身国でありジャパネスクの原産国(?)である日本に生まれることが出来て良かった、ありがとう神さま!ってくらい大好きなんです!笑
まあそれは私が好きな作品全部に通ずる意識ですけど。

これもるーみっくと同じく、好きすぎて「なにが好きなのか語れ」って言われたとしたらなんかもう一周回って逆に喋れなくなっちゃって沈黙の中一人でにやける、という末期な感じの症状が出てしまう部類の「好き」です。

だからね、これはたぶん私と同じように大好きな作品がある方にはわかってもらえる悩みだと思うんですけど、外で読んでいて友達に「何読んでるの~?」って聞かれた場合、答えようがないんです!
魅力がありすぎて!!!!!!!!!!!!
とてもじゃないけど、休み時間とかに立ち話で済むシリーズじゃないよ!?それでもいいんですか!?
って詰め寄りたくなります。(みんな逃げて)

だってまず瑠璃姫がどんな人で、初めは結婚に対してどんな考えを持っていたかっていうところから始めないといけないじゃん?瑠璃姫には可愛い弟と可愛い可愛い幼馴染みがいて、「最近生意気なのよ!昔はよく遊んでやったのに」的な関係性も説明しなきゃいけないじゃん?そっから権少将があれこれ仕掛けてきて高彬が助けてくれるっていう事件とか、二人がそんなこんなで婚約するとか!東宮廃位の陰謀事件とか、はたまた鷹男がね、吉野君がね、、なんて喋っていったら、たぶん昼休み5回分ぐらいの時間が必要ですよ!笑
人妻編とか入れたらもうもうもう…くらくらしちゃいますね~、ジャパネスクの構成って素晴らしくて。


なんだろう、ここまで私を惹き付けるものって…

やっぱり、魅力的なキャラクター。あと、描写が細かいとかいう直接的なものじゃない、リアルな人間の精神の描かれ方とセリフ、ですかね。キラキラして少女漫画っぽかったり、ドラマチックだったりするシーンもあるんだけど、こうして現代を生きている人間にも共感できる「あるんだよね、こういうこと。」
と思わせてくれる言葉とか行動とかも色々あって、たまに読み返しては大人になったなりの自分の解釈を見つけたりしますね~、今よりもっと幼い頃にはまった作品っていうのは。


るーみっくはもう私の中で殿堂入りしちゃってて、いい意味でも悪い意味でも「揺るがない、変わらない」っていう感じなんですが、氷室先生の作品っていうのはもろい思春期の恋とか友情とか人間関係とか、共感して読むような種類の小説が多いので常に答えを探したり、そこから納得したりするような楽しみ方をしていると思います。
そして、これからもきっと自分の中の解釈は変わるので、固定観念みたいなものは生まれないと思います。
上手く言えないんだけど…

「あ、このキャラ前はこんなイメージだったけど、この事件を経験してからこんな風にかわったのかもしれないな」みたいな感じで(*^¬^*)
素晴らしい作品だっていうのは永遠の事実ですけどね!

…なんか、小難しくしないみたいなこと初めましての記事でほざいたのに、わけわかんない文章大量生産しちゃいましたね…反省反省。\(__)

あと、最後にこれだけ言わせてください。

ジャパネスクの中で一番好きなキャラクターは

なにがなんでも、誰が何と言おうと高彬です!!!

    ・・・・・・・・・・・・・・

まあね、あれですよ。皆さんの声が聞こえて来そうですよ。

「だから何だ」

というね。

これについては、近いうちに「高彬」という題で記事を書かせてください!笑

瑠璃さんも大好きなので、それについても書くかもです!

もしこんな末期ファンの私に共感して頂ける方がいたら、とっても嬉しいです☀

犬夜叉!

来ました犬夜叉!ちゃんとるーみっくだったね!笑

前の記事にも書いたんですが、犬夜叉はるーみっくの中で私が3番目に好きになった作品です。ここから全力でのめり込んでいったので、すごく思い入れが強くて。
すこーし前に放送されてたトーク番組で犬夜叉役の山口勝平さんもおっしゃってますが、犬夜叉ってまさに、「留美子先生の持ってらっしゃるポテンシャルを結集したような、今までとはひと味違う作品」
だと思うんです。勝平さん、まじ共感です。

そうなんですよね~、らんままでのるーみっくはラブコメ色が結構強かったんです。女の子のむくれ顔とヤキモチが可愛い!って思えるような。
だけど犬夜叉で描かれててすごく印象的なのは、「人間の弱さ」なんですよね。らんまだったら親父のスチャラカや乱馬の浮気疑惑とかでで済んでいたものがそれじゃ済まなくなった。恋愛感情は行きすぎて相手への妄執になっちゃうし、犬夜叉がかごめか桔梗が決められないことだって笑、過去の自分が相手を信じる強さがなかったから悲しい過去が生まれてしまって、新しく人を好きになっても色々と恐れて自分から遠ざけようとしてしまう。
るーみっくわーるどの中で、ドタバタ恋愛と超人的設定に隠されてきた、人間としての人を思う気持ちなんてものが犬夜叉という作品にはよく表現されてるな~、って最近思うようになりました。
ちょっと自分でも何いってんだかわかんない笑
とりあえず綺麗で可愛い人間関係だけが描かれてるんじゃないよ!ってことを伝えたかったんです😃

文字数!!読みにくいわ!って思った方、ごめんなさい。ここからは私の大好きなキャラの話するね。

弥勒さま&珊瑚ちゃんです!!!!!!!!!!!

この二人はですね、それぞれ男性キャラ部門、女性キャラ部門と分けてコンテストを開催したとしても堂々の金賞を獲得するキャラクターでもあります。そのくらい好き。

弥勒さまはまあ~~~~、大人のかっこよさ!!
留美子先生もキャラブックでおっしゃってますけど、弥勒さまって万能ですよね。ボケ、ツッコミ、事態を説明させて整理することもできるしシリアスもいける。なんなんだ、人間としての欠点が見つかんない、せいぜい不良法師って事ぐらいでしょうか?いやー、でも世の中の女性は時折見せる弥勒さまの悪人顔に結構キュンとしちゃうんですよね~、普段丁寧なだけに。 わかります!!!!!!
 

「今なんつったコラ!俺の女捕まえて…!!」
は本当に大好きなセリフです☀

そして珊瑚ちゃーん!
珊瑚ちゃんには、かごめちゃんとは違うタイプの女の子の良さがありますよね。見た目もめっちゃ可愛いし。
かごめちゃんだったらおすわりするとこを飛来骨で殴ってみたり、素手でパシンと叩いたり、むっとして赤くなってみたり。なんかもう後半の方は弥勒さまとちゃんと両思いになって、扱いに慣れてきた感があるので慌てたり余裕のない珊瑚ちゃんとかあんまり見られないんですが、前半の方はほんとにてんこ盛り。 
ちょっと前に「犬夜叉には今までのるーみっくとは違う恋愛や人間関係のあり方が描かれてる!」みたいなこと書いたんですが、かごめちゃんにではなくむしろ珊瑚ちゃんにむくれ顔女の子恋愛というロマンが残っている感じがします。もはやここまで来ると意味不明。笑  ふんわりと、ニュアンスで理解してね。


あと最近思うのが、「殺生丸さまって何てかっこいいんだろう…」ってことです笑
やっぱり子供の頃はヒーローに憧れるもので、やっぱり初見の頃は犬夜叉大好き!って感じだったけど、今になってみると殺生丸さまですね~

左腕1本で今まで戦ってきたことに魅力を感じます。あと邪見さまもりんも、殺生丸さま大好きなの可愛いよね🍀  





語り尽くせない!!!こんなに書いたのに!笑
私の犬夜叉という作品に対しての思いは、こんな感じです。 
これからも犬夜叉の中で掘り下げたいことがあったらちょいちょい書いてくので、なにか気になるタイトルなどがあったら覗いてみてください(^^)